ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境衛生課 > カン・ビンの指定袋を廃止しました!

本文

カン・ビンの指定袋を廃止しました!

印刷ページ表示 更新日:2019年5月31日更新

令和元年6月より、カン・ビンの指定ごみ袋は廃止となります。
廃止以降にカン・ビンを出す場合は、これまでどおりカン・ビンそれぞれ分別して、中身が判別できる透明ビニール袋に入れて、お住まいの地域に割り当ての集積所へ決められた収集日に出してください。

◆注意事項◆

これまでどおりカンとビンはそれぞれ分別をして出してください
 ※カンはカンだけ、ビンはビンだけで出してください。また、ほかのごみと混ぜて出すこともできません。
透明袋のサイズは、カン(容量45リットル)、ビン(容量30リットル)までであれば大きさは問いません
 規定のサイズを超える袋は収集・施設の受入の都合上、収集できませんのでご注意ください。
 布団や乾物などの圧縮梱包袋は使用できません。
 市販の透明ビニール袋や半透明レジ袋でも使用できます。

必ず袋の口はしばって出してください。袋に入っていないもの、袋がやぶれているものなどは収集できません
可燃ごみ・不燃ごみ・ペットボトルの指定ごみ袋は変更ありません

★ご家庭にある指定袋★

ご家庭にあるカン・ビンの指定袋は、廃止以降もカン・ビンを出す際の透明袋として使用することができます。
なお、希望される方は、ほかの指定袋との交換を行います。


●交換期間 令和元年6月3日から令和2年3月31日
●交換窓口 本庁環境衛生課及び各総合支所地域振興課
●交換要件 カン・ビンともに1枚単位から希望する指定袋との交換が可能です