ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

貸切バス運賃・料金制度について

印刷ページ表示 更新日:2020年3月5日更新

【九州運輸局よりお知らせ】
貸切バス運賃・料金制度について

貸切バスの運賃・料金については、平成26年4月より、利用者の安全にかかわる費用(安全コスト)を反映した新しい制度が運用されており、貸切バス事業者が安全・安心な輸送サービスを提供するには、貸切バス事業者が国に届け出ている運賃を適切に収受する必要があります。
国に届け出ている運賃を適切に収受できるようにするための方策として、平成28年11月より貸切バス事業者と利用者との間で取り交わす「運送引受書」に運賃・料金の上限・下限額を記載することが義務付けられました。
加えて、貸切バス事業者が旅行会社等へ支払う手数料等についても、過大な手数料等を支払うことによって安全コストを阻害する実質的な下限割れを防止するため、運送引受書に手数料等の記載を義務付け、仮に手数料等の支払いにより運賃・料金の下限額を下回っている場合については、運賃の割り戻し審査対象とする内容の改正も行われています。
今後も貸切バス事業者が安全・安心な輸送サービスを提供できるよう、貸切バスをご利用のみなさまにはご理解・ご協力をお願いいたします。

1.運賃・料金パンフレット [PDFファイル/1.4MB]
2.年間契約パンフレット [PDFファイル/1.23MB]
3.運送引受書様式 [PDFファイル/114KB]

〇貸切バスの新たな運賃・料金制度の詳細については、下記ホームページをご覧ください。
【国土交通省九州運輸局HP】
http://wwwtb.mlit.go.jp/kyushu/00001_00260.html
・輸送の安全を確保するための貸切バス選定・利用ガイドライン
・運賃・料金の簡易計算シミュレーター 等

 

マイクロバスのお知らせについてはこちらをクリック→マイクロバスのお知らせについて

 

お問い合わせ先
九州運輸局大分運輸支局 輸送・監査部門
電話番号097-558-2107(自動音声ガイダンス#3)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)