ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

農地バンクを開設しました

ページID:0040234 印刷ページ表示 更新日:2023年4月25日更新

農地バンクを農業委員会に設置し、農地を貸したい売りたい人と、農地を借りたい買いたい人を結び付け、農地の効率的な利用の促進を図ります。
農地を提供しても良いと思っている方、農地を探している方は農業委員会事務局にお問い合わせください。

◎権利の設定は、出し手・受け手両者の合意があって初めて成立するものです。希望する相手をあっせんできるよう最大限の努力をしますが、どうしても相手が見つからず、不調に終わる場合があることも予めご了承ください。
◎農地バンクに登録しても受けて(買い手)が決まるまでの間は、引き続き農地の管理をお願いします。農地を受け手(買い手)が希望して、現地を確認したら荒れているようでは相手が決まりません。

こんなとき農地バンクにご相談を

  1. ​経営規模を拡大したい
    農地を借りたり、買ったり、あるいは作業受託により経営規模を拡大したいと考えている方は農地バンクにどのような農地がほしいか登録しておけば、希望に沿った農地を農地バンクが紹介します。
  2. 農業経営を縮小したい
    農業経営や機械の更新などの問題で、農業経営の縮小を考えている方は、農地バンクに貸したい、売りたいと考えている農地やその条件を登録しておけば、農地バンクが希望に沿った借り手・買い手をご紹介します。
  3. 遊休農地を何とかしたい
    兼業化や高齢化などで耕作が難しくなり、農地が遊休・荒廃化したり、また将来その恐れがある場合、その農地を今後どのように活用していったらよいか、農地バンクにご相談ください。

​農地バンク登録について

<農地の出し手(貸したい・売りたい)希望者>
申請書に必要事項を記入の上、農地バンク(農業委員会事務局)へ登録してください。

​<農地の受け手(借りたい・買いたい)希望者>
農地バンク利用登録申請書を農業委員会事務局に提出することによって出し手を募集するとともに、登録されている農地情報の提供を受けることができます。

農地バンク登録情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)