ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

本人確認書類

印刷ページ表示 更新日:2018年7月11日更新

住民票の写しや戸籍謄・抄本などを請求する際には、本人確認を行うことが法令で義務付けられています。

請求する方(代理人が請求する場合は代理人)は、次の(1)または(2)の本人確認書類(原本)をお持ちください。

なお、本人確認書類は「氏名及び住所」または「氏名及び生年月日」が確認できるものであることが前提です。

(1) 1枚の提示で足りるもの

(国または地方公共団体が発行した顔写真付きのもの)

 

運転免許証
運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のものに限る)
個人番号カード(マイナンバーカード)
顔写真付き住民基本台帳カード
パスポート
身体障がい者手帳
精神障がい者保健福祉手帳
療育手帳
在留カード
特別永住者証明書
海技免状
電気工事士免状
無線従事者免許証
宅地建物取引士証
船員手帳
戦傷病者手帳
教習資格認定証

など。

(2) 2枚以上の提示が必要なもの
 

顔写真が付いていない住民基本台帳カード
国民健康保険証
健康保険証
船員保険証
介護保険証
共済組合員証
年金手帳
年金証書
児童扶養手当証書
特別児童扶養手当証書
子ども医療受給者証
生活保護受給者証
※学生証や法人が発行した身分証明書で写真付きのもの

など。

「※」の書類のみが2枚以上あっても本人確認ができませんのでご注意ください。