ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > くらし・消費生活 > 住宅 > 国東市が住宅金融支援機構と住宅取得の支援に係る相互協力に関する協定を締結しました
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て・教育 > 子育て支援 > 国東市が住宅金融支援機構と住宅取得の支援に係る相互協力に関する協定を締結しました
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 協定 > 国東市が住宅金融支援機構と住宅取得の支援に係る相互協力に関する協定を締結しました
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > まちづくり・協働 > 移住・定住 > 国東市が住宅金融支援機構と住宅取得の支援に係る相互協力に関する協定を締結しました

本文

国東市が住宅金融支援機構と住宅取得の支援に係る相互協力に関する協定を締結しました

印刷ページ表示 更新日:2018年6月4日更新

平成30年6月4日、国東市と独立行政法人住宅金融支援機構は、子育て支援やUIJターン促進のため、相互協力に関する協定書を締結しました。
締結式写真1

締結した内容について、以下のとおりお知らせしますので、住宅取得の際にご利用ください。

協定名

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型並びに国東市あったか家族マイホーム新築・購入応援奨励金・国東市空き家活用支援事業補助金に係る相互協力に関する協定

締結日

平成30年6月4日(月曜日)

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型とは

住宅金融支援機構が子育て環境の整備促進を目的とし、子育て支援に積極的な地方公共団体と連携することにより、地方公共団体が実施する補助金交付等の財政支援とあわせて、【フラット35】の借入利率を一定期間引き下げる制度です。
これにより、住宅ローン【フラット35】の金利の優遇措置(当初5年間、借入金利から年0.25%引き下げ)を受けることができます。

国東市の場合

「国東市あったか家族マイホーム新築・購入応援奨励金」および「国東市空き家活用支援事業補助金」を利用し、一定の条件を満たす場合に適用されます。

主な条件

  1. 子育て支援型(若年子育て)
    ・申請者または配偶者の年齢が、奨励金交付申請時において満50歳未満であること
    ・18歳未満で小・中・高校に就学中または就学前の子を扶養していること
    ・国東市内において住宅を新築または購入し定住すること
  2. 地域活性化型(UIJターン)
    ・国東市外から国東市へ転入届を提出し、定住すること

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型をお使いいただくには、市が発行する【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書が必要になります。
証明書はローン借入れの契約時までに金融機関へ提出する必要があります。
詳しくは下記住宅金融支援機構のHPをご確認ください。

詳細は下記をご覧ください。
住宅金融支援機構のホームページ(国東市)へのリンク→https://www.flat35.com/loan/flat35kosodate/index.html