ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

国東市国見地区新小学校の校名決定について

印刷ページ表示 更新日:2021年6月9日更新

統合小学校の校名を「国見小学校」に決定

竹田津小学校と伊美小学校、熊毛小学校の統合校の校名が「国見小学校」に決定しました。
令和4年4月の開校に向け、引き続き準備を進めてまいります。

決定までの経緯

校名募集

市では、校名を協議するにあたり、広報誌や市ホームページを通じて、広く市民の皆さんに校名を募集しました。その結果、34件のご応募をいただきました。
ご応募いただき、ありがとうございました。

選定

校名案は、募集結果を基に国東市国見町統合小学校開校準備委員会による慎重な協議の上、選定されました。その後、市長、教育長、教育委員が出席する総合教育会議において意見をいただき、令和3年5月の定例教育委員会において、議案「国東市国見地区新小学校の校名決定について」を提出し、「国見小学校」で議決を得ました。

学校名

選定理由(開校準備委員会意見)

国見小学校

  • 子ども達の親しんでいる「国見」という地名をずっと残していけたら、それは新しい学校の校名としてふさわしいと思うし、地域の方も納得いただける名前ではないか。
  • 国見町内の児童に、地名を残してほしいという思いが「国見」という言葉に込められているのではないか。
  • 国見中学校との一体性からも「国見小学校」が良い。