ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域包括支援センター > 国東市行方不明高齢者等位置情報提供事業

本文

国東市行方不明高齢者等位置情報提供事業

印刷ページ表示 更新日:2017年6月12日更新

≪事業内容≫

 認知症等により行方不明となるおそれのある高齢者等に位置情報を提供するための探索機器(GPS)の貸与及び使用料の一部助成を行い、高齢者が行方不明になった場合に、その家族等に位置情報を提供することにより早期発見・早期保護につなげる事業です。

≪利用対象者≫

 国東市に住所を有しており、国東市認知症高齢者等見守り・あんしんネットワーク事業に事前登録している方
 ※申請書は、地域包括支援センター(本庁・国見)及び各総合支所地域振興課にてお渡ししています。

≪サービス内容≫

 ご家族等がコールセンター(24時間対応)に電話で問い合わせると、探索機器(GPS)を持った行方不明者の居場所を探索し、電話で居場所をお知らせます。

 ※探索機器の電源が切れていたり、電波が届かない場所または行方不明者が機器を所持していない場合は居場所を探せないことがあります。

≪利用者自己負担額≫

  初期費用 月額使用料
 
(1) どこ・どこサービス 無料 1,080円
  (個人契約の場合) (3,240円)  (2,160円)
(2) あんしんケータイサービス 1,080円  1,400円
  (個人契約の場合)  (4,320円)  (2,700円)


※探索機器(GPS)を破損・水没等させた場合の修理費や紛失した場合等は自己負担が発生する場合があります。

一部助成のお知らせ [PDFファイル/261KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)