ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 動物・ペット > 犬・猫 > おおいた動物愛護センターによる猫の引き取りについて

本文

おおいた動物愛護センターによる猫の引き取りについて

印刷ページ表示 更新日:2020年9月1日更新

令和2年6月1日から、おおいた動物愛護センターでの猫の引き取り条件が厳しくなりました

「動物愛護及び管理に関する法律」の改正により、
令和2年6月1日より、おおいた動物愛護センターにおける猫の引き取条件が変更されました。

原則、引取り拒否となる猫

  • 飼い猫(野良猫に餌を与えている場合も飼い猫とみなします。)
  • 地域猫(特定の所有者はいないが、一代限りの命として地域で管理されている猫。)
  • 自活可能な猫(産まれたての子猫。怪我をしている猫以外のもの。)

今後も引取りの対象となる猫

  1. 自活できない猫(産まれたての子猫。怪我をしている猫)
  2. 自活可能な猫で、以下の2つの条件を満たす場合 
  • 調査、回覧等により、所有者がいないことが地域の世帯の異なる複数名以上によって確認されていること。
  • 市町村動物愛護担当部署が、野良猫の過剰な繁殖等により地域の生活環境が損なわれていることを把握していること。

※自活可能な猫を引取る際には、上記2つの条件の確認書が必要になります。必要事項をお書きの上、市役所環境衛生課まで提出をお願いします。確認後、申請者へ返送します。
猫の引取りに関する確認書 [PDFファイル/78KB]

猫の引き取りに関する相談先

猫の引き取りは市役所ではなく、「おおいた動物愛護センター」が担当しています。
まずは以下までに事前に連絡してください。

問い合わせ先
 おおいた動物愛護センター(大分市廻栖野3231番地47)
Tel:097-588-1122 Fax:097-588-2211

猫を含む動物の遺棄は「犯罪」です!!

「動物愛護及び管理に関する法律第44条第3項」の規定により、
遺棄した者は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金に処せられます。
明らかに遺棄されたと思われる猫を発見した際は、最寄りの警察署へ届けるようお願いします。

おおいたさくら猫プロジェクトのお知らせ

おおいたさくら猫プロジェクトとは、おおいた動物愛護センターにて、所有者不明猫(野良猫)の不妊・去勢手術を無料実施することで、地域の猫による環境問題の解決と、猫の殺処分数の減少を目的としたプロジェクトです。
国東市では、地域でのプロジェクトを行う地域活動団体を募集しています。詳しくは下記のページをご覧ください。
おおいたさくら猫プロジェクトについて

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)