ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・安全 > 危機管理・防災 > 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に執るべき行動について

本文

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に執るべき行動について

印刷ページ表示 更新日:2017年4月21日更新

弾道ミサイルが、極めて短時間で飛来することが予想され、日本に飛来する可能性がある場合、国では「全国瞬時警報システム(Jアラート)によってミサイル発射情報などの緊急情報を、弾道ミサイルに注意が必要な地域に対して伝達します。

本市では、Jアラートによる情報伝達があったときは、防災行政無線が自動起動し、各家庭等に設置している戸別受信機及び避難所等に設置している屋外拡声器等から緊急情報を放送します。このとき、国民保護に係るサイレンが吹鳴し、緊急情報のメッセージが放送されます。

また、携帯電話に緊急速報メールで緊急情報が配信されます。


※弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に執るべき行動について、国(内閣官房)が取りまとめたものを掲載しますので、参考にしてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)