ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・安全 > 危機管理・防災 > 「避難場所看板」・「避難者情報サイン」を設置

本文

「避難場所看板」・「避難者情報サイン」を設置

印刷ページ表示 更新日:2014年5月9日更新

国東市は、市内42か所の指定二次避難所へ避難所看板と避難者情報サインを設置しました。
二次避難所とは、地震や津波などの大規模災害が発生した時に、緊急に避難した津波避難所や自主避難場所から、市からの指示で避難する広域避難場所のことです。
今後30年以内に発生する確率がおよそ70%と言われている「南海トラフ大地震」など大規模災害に備えて、「避難所看板」はここが避難場所だと誰にでもわかるように、「避難者情報サイン」は避難所に救助を求める避難者がいないか、その中に重傷者がいないか等を防災ヘリ等が上空から確認できるよう設置するものです。

▼避難所看板
避難所看板の画像

▼避難情報サイン
避難情報サインが入った袋と案内板の画像

▼避難情報サイン(広げた様子)
赤色と黄色の避難情報サインを屋外で広げた時の画像
赤:避難者の中に緊急の救助を要する方がいる場合
黄:避難者がいる場合