ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国東市議会 > 議長・副議長就任あいさつ

本文

議長・副議長就任あいさつ

印刷ページ表示 更新日:2020年5月19日更新

令和2年第2回臨時会において、議長に大谷 和義氏(64歳)、副議長に元永 安行氏(59歳)が就任しました。


大谷議長

【国東市議会議長 大谷 和義】

市民の皆様には、市政及び市議会に対し、温かいご支援とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
また、引き続き、新型コロナウイルス感染症対策への取り組みにご尽力されている皆様に改めて敬意を表しますとともに、心から感謝を申し上げます。
さて、私は、去る5月14日の臨時会におきまして、国東市議会第9代議長に就任いたしました。
身に余る光栄と受け止めると同時に、その責任の重大さを痛感しているところです。今後は、議長として全力を傾注し、公正かつ円滑な議会運営に取組んでまいりたいと考えています。
現在、国東市は、急速な人口減少や少子高齢化等様々な課題を抱えています。
そうした中、このほど明るい話題が飛び込んでまいりました。それは、大分空港がアジアで初めて宇宙港に選ばれた事です。
宇宙港となれば、整備等で地元にも仕事が生まれ、また、大分空港でのロケット打ち上げに多くの人が訪れるなど、観光面だけでなく、あらゆる面において活性化に繋がるものと期待しているところです。
現状では依然として厳しい財政状況ではありますが、活力と魅力にあふれ、安全で住みやすいまちづくりを進めることが、市民皆様の一致した願いであるとの認識に立ち、その負託に応えるべく、市と議会が一体となって、住民福祉の向上を目指していきたいと考えています。
今後とも変わらぬ議会へのご理解とご協力をお願い申し上げ、議長就任のあいさつといたします。


元永副議長

【国東市議会副議長 元永 安行】

市民の皆様方には、市議会に対しまして、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、私は、去る5月14日の議会臨時会におきまして、議員の皆様のご推挙により、副議長に就任いたしました。その責務の重さに身の引き締まる思いであります。
今後は、議長の補佐役として市政の推進及び議会の公正かつ円滑な運営に努めて参りたいと考えています。
国東市が誕生して15年目を迎えましたが、行財政改革の観点から、市議会議員の定数も当初の26人から8名減となり、現在は18人で議会運営を行っています。
国東市を取り巻く環境は、依然厳しいものがあり、最大の課題は、少子高齢化・人口減少問題であります。統計では、10年後には2万人を下回るとの推計も出されています。さらには、それに伴う税収の伸び悩みによる安定した歳入確保も厳しくなるものと予想されます。
そこで、市議会も、国東市総合計画を指針とし、地域活性化・安心安全なまちづくりを目指し、市執行部と一緒に取組みを進めていきたいと考えています。
今後の更なる地域の発展と市民生活・福祉の向上を図るべく、市民の皆様の声を拝聴しながら、鋭意努力する所存であります。
今後とも皆様のご支援とご協力をお願い申し上げまして、副議長就任のあいさつといたします。