ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

発熱等がある場合の受診方法について

印刷ページ表示 更新日:2020年12月8日更新

発熱等がある場合の受診方法について

1.受診方法

  • 発熱や風邪などの症状のある方は、無理をせず、仕事や学校をお休みいただき、「かかりつけ医など身近な医療機関」に電話で相談のうえ受診してください。かかりつけ医等が対応できない場合には、近隣の対応可能な医療機関を紹介していただくことになっています。
  • かかりつけ医がいない等どこに相談するか迷う場合や、かかりつけ医等の診療時間外は、11月9日に大分県が開設する「受診相談センター」(097-506-2755 )に電話で相談してください。センターから近隣の対応可能な医療機関を紹介します。

2.基本的な感染予防対策の徹底

 引き続き、入念な手洗いや咳エチケット、マスクの着用をはじめ、フィジカルディスタンス(身体的距離)の確保や3密の回避など、新しい生活様式の徹底をお願いします。

発熱等がある場合の受診方法について

(大分県)県民の皆様へのお願い:発熱等がある場合の受診方法について [PDFファイル/257KB]

新型コロナウイルスに関する相談先

受診に関する相談先

受診相談センター(24時間対応)

電話番号:097-506-2755

受診や予防に関する相談先

大分県東部保健所国東保健部

電話番号:0978-72-1127(24時間対応)
ファックス番号:0978-72-3073(開庁時間のみ)
E-mail: a12080@pref.oita.lg.jp

※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が困難な方はファックスまたはE-mailをご利用ください。

受診以外の新型コロナウイルスに関する相談先

●大分県庁 新型コロナウイルス相談窓口
電話番号:097-506-2775

●厚生労働省 電話相談窓口
電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
(受付時間:9時~21時、土日・祝日も実施)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)