ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウイルス感染症について

印刷ページ表示 更新日:2021年5月6日更新

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

また、現在、従来よりも感染しやすい、重症化しやすい可能性のある変異株(※1)や、ワクチンが効きにくい可能性のある変異株が世界各地で報告されています。日本では、懸念される変異株の感染者数が増加傾向にあります。各地で変異株の感染者割合が上昇して
おり、急速に従来株から変異株への置き換わりがおきつつある状況です。

※1 英国の専門家会議の見解によると、従来よりも感染しやすい、重症化しやすい可能性のある変異株は、子どもが大人よりも感染しやすいということはなく、どの年齢であっても感染しやすい可能性があると報告されています 。


(参考)一般的にウイルスは流行していく中で少しずつ変異を起こしていきます。この変異したウイルスが変異株です。変異が起こると性質の変化が起こり、感染しやすくなる場合等があります。新型コロナウイルスについても、約2週間で1カ所程度の速度で変異して いると考えられています。

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

感染予防対策

変異ウイルスに対しては、これまでの対策だけでは感染は防げません。
一段と強化した対策をお願いします。

(1) マスク対策

  • 屋内では、不織布マスク
  • 密になる場所では、マスクは2枚重ね(不織布マスクの上に、布やウレタンマスクを)
  • マスク着用の上、できる限り距離の確保を
  • マスク着用の上、短時間の接触(会食、会話)

(2) 入念な手洗いと手指消毒

(3) 3密(密閉・密集・密接)の回避(1密もできる限り回避)

  ※密を回避できない場合は十分な感染防止対策を

発熱等がある場合の受診方法について

1.発熱等の受診方法

  • 発熱や風邪などの症状のある方は、無理をせず、仕事や学校をお休みいただき、「かかりつけ医など身近な医療機関」に電話で相談のうえ受診してください。かかりつけ医等が対応できない場合には、近隣の対応可能な医療機関を紹介していただくことになっています。
  • かかりつけ医がいない等どこに相談するか迷う場合や、かかりつけ医等の診療時間外は、大分県が開設する「受診相談センター」(097-506-2755)に電話で相談してください。センターから近隣の対応可能な医療機関を紹介します。

2.基本的な感染予防対策の徹底

引き続き、入念な手洗いや咳エチケット、マスクの着用をはじめ、フィジカルディスタンス(身体的距離)の確保や3密の回避など、新しい生活様式の徹底をお願いします。

発熱等がある場合の受診方法について

(大分県)県民の皆様へのお願い~発熱等がある場合の受診方法について [PDFファイル/257KB]

新型コロナウイルスに関する相談先

受診に関する相談先

受診相談センター(24時間対応)

電話番号:097-506-2755

受診や予防に関する相談先

大分県東部保健所国東保健部

電話番号:0978-72-1127(24時間対応)
ファックス番号:0978-72-3073(開庁時間のみ)
E-mail: a12080@pref.oita.lg.jp

※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が困難な方は、ファックスまたはE-mailをご利用ください

受診以外の新型コロナウイルスに関する相談先

●大分県庁 新型コロナウイルス相談窓口
電話番号:097-506-2775

●厚生労働省 電話相談窓口
電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
(受付時間:9時~21時、土日・祝日も実施)

新型コロナウイルスに関する情報提供

≪大分県ホームページ≫

新型コロナウイルスに関するお知らせ
https://www.pref.oita.jp/site/covid19-oita/

≪厚生労働省ホームページ≫

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)